• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~


AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る


内容紹介
ウェルカム、妄想戦士!?
その日。宿題を忘れた俺は、夜半に忍び込んだ学校で彼女と出会った。
教室に向かう階段の踊り場。冷たい月の光のスポットライトを浴び、闇を見据えている少女。美しい――。
そこには、人を惹き付けるオーラを放つ青の魔女がいた。……いや待て、冗談じゃない。妄想はやめた。
俺は高校デビューに成功したんだ! そのはずだったのに、この妄想女はッ! 「情報体の干渉は、プロテクトを持たない現象界人には
防ぐことはできない」「何いってんだかわかんねーよ」実はだいたい理解できていた。
田中ロミオ、学園ラブコメに挑む――!?



だいぶ前ですが、当作品を読了しました。
『人類は衰退しました』などで知られる田中ロミオさんの作品。僕は、『灼熱の小早川さん』を読んで、この人の作品は好きだな、と思ってこの作品を手に取ったのですが、なるほど面白かった。

『灼熱の小早川さん』で描かれていた『空気』。この作品も似たような印象ですが、小早川さん以前の作品ということもあってか、少しリアリティに欠ける感じはしたかな。というか『小早川さん』ではそこを洗練してリアルに描いていたのに対して、こっちはキャラクターを重視して『痛さ』を追求しているように思う。

中二病と言われる、妄想癖バリバリの生徒達が繰り広げる、見てられないタイプの青春劇。
誰もが一度は通り、でも捨ててしまった、熱くて痛い妄想の世界。それをバカらしいと一蹴せずに、心に持ち続けられたら、奇跡を起こす魔法が使えるようになる。恥ずかしい過去を持つ人にはハマる部分があるのではないかと思います。


まぁ僕は中二病ってそんな悪いものではないと思ってますがね。
むしろ羨ましい。想像力豊かでいたい。まぁ、限度と言うものはありますが…。この作品のキャラはちょっとやり過ぎかなw
創造を笑うような大人にはなりたくないですね。どこかに中二心を持っていたいです。
と、そんなことも考えさせてくれる作品でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。