• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業

3月1日。高校3年間に終止符を打つ卒業式が行われ、僕は高校生ではなくなった。
もう今は高校生でも大学生でも社会人でもない、よくわからない状態

式自体は特に感情の起伏もなくすんありと終わったのだけれど、その後のホームルームで担任の先生が粋なことをしたせいで不覚にも感動してしまった
打ち上げなども盛り上がったので、いい日だったなと思う。雨が降っていたのが少し残念だったかな。思えば入学式の日も嵐だったんだよね



中学卒業のころは、「はやく高校生になりたい」という気持ちが強かったけど、今もやはり「はやく大学生になりたい」と感じている。環境が変わるのは不安もあるけど、それ以上に刺激的だからね。

ただ、大学で勉学に励むか、遊んで過ごすかで少し揺れている。まず遊ぶ友達を作れるかが心配だけど・・・
まあこれは入ってから考えるべきだな


通学にかなりの時間がかかるので、その過ごし方も大事になってくる
小説でも書こうかなと検討しているけど、途中で投げ出しそうな気しかしないからやっぱり勉強かな。
往路で予習、復路で復習を続ければ、それだけでもかなり学力がつくような気もする。継続させるのが苦手な自分には、強制的にネットから隔離されて電車に揺られる通学時間があるのは逆にありがたいかもしれないな


とまぁこんな記事を書いている時点で、結局卒業したからと言って何が変わったというわけでもないんですよね。
肩書きが変わっても、中身はそうそう変わらない。内面を変えるのは簡単じゃないからね

まぁとりあえず高校生じゃなくなったということで、エロゲを買えるようになるのは大きな変化かな。・・・と思ったら僕はまだ17歳だった
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。