• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラクタル 第4話

話が大きく動き出したね。1,2話との緩急のつけ方がうまいと感じる
「冒険ファンタジー」と銘打たれた作品だし、第4話『出発』つまりここからが本当のフラクタルなのではないでしょうかね

『ネッサ』とフリュネは仲が悪いみたいだけど、こうなってしまった過程にはなにがあったのかな。
ネッサは「好きが好き」、フリュネは「好きが嫌い」。この言い回しはいったい…
そして、どうしてクレインに『ネッサ』を託したのかもまだ不明ですね。

フラクタルシステムには良い点もあれば、悪いところもある。
僧院とロストミレミアムはそこで対立しているのであり、また互いに譲ろうとはしない
お互いが自分の意見を正当化して、武器を取り、争う。まさに戦争ですね。
今のところクレインとフリュネはロスミレの側についているということでいいのかな


さて、本格的に出発しましたフラクタル。
これからどんな冒険が待っているのか、そしてフラクタルシステムが辿る末路は。
これがわくわくせずにいられますか!(いや、いられません)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。