• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラクタル 第3話

パソコンが死にました。ということで携帯からの更新なう
トラックバックとかできないのがつらいところ。あと改行も適当なので読みにくいかも


さて、大きく話が動いた回でありました。
『本当の自由とは何か』。
これまではハッキリと提示されなかったと思うのだけど、明確なテーマが示されたと思います。

フラクタルシステムで崩壊を始めた世界へと抗う勢力がロストミレミアムというテロ集団なんだね


テロ集団と言ってもどこか間の抜けた感じがして好感を持てたけど、これも最後のシーンを際立たせるものだったのかもしれない

冒頭でもクレインは「殺されるかもしれない」と口にするが、まったく緊張感がなかったし、そのあとすぐに古風な町の様相に騒ぎ立てる。

美しい背景や、ネッサや3人組のようなキャラなどで柔らかい雰囲気を構築することで視聴者を油断させた…と言えるだろう

そのあと訪れた最後のシーンは印象的だった…
えっちえっち言ってた数分後に、まさかこんなエグい描写が待っているとは思いませんわ。




ネッサはフリュネの妹みたいですね。クレインといた『ネッサ』はネッサのドッペルだったということでしょう
フリュネはどうしてクレインに『ネッサ』を託したのか…。他にも重要なことが次回フリュネの口から語られるでしょうね。

さて、クレインはロスミレとフリュネのどちら側につくのか。フラクタルに疑問を抱きだしていた彼だけに、ここの決断はかなり迷うところだと思う

本当の自由とは何か…
クレインと共に私たちも考えていく必要がありそうですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。