• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法少女まどか★マギカ 第3話

ネタバレありますので追記に。











いやぁアツいですね。すごくアツいです
まさか3話で退場とは。マミさん○にました。まさに血だまりスケッチ
よく考えれば死亡フラグ立ってたんだろうけど驚いた

にしてもまどかは変身しないなぁ
変身シーンこそが魔法少女モノの目玉とも言えるのに。焦らしてきますねぇ
マミの変身シーンでもかなり興奮したので主役の変身シーンはすごいのだろうな

相変わらず魔女の結界内の描写はスゴイ、というか面白い
ゲームのステージみたいな感覚があってワクワクしますね。


EDも初披露でしたが曲とマッチしていてよかった
放送前から魔法少女モノにkalafinaの曲が合うのか疑問に思っていたのだけど、この展開にこのED映像となるともうこれしかないといった感じさえしてくる。戦闘BGMとしても申し分ないしね



■魔女の使い魔は魔女になる?

前回の記事で、
魔法少女が魔力を使い果たしたら魔女になるのではないかと書きました。
書きましたが、『魔女の使い魔が成長すると同じ魔女になる』とのことなのでこの線はないかもしれないな

魔女については謎が多くてわからないので。

今回の魔女は今までのより遥かに強かったけど、どうしてほむらはそれを知っていたのだろうか。
相手の魔力の大きさを測った…のならマミだって気付くはずだ
初回を見てもマミがほむらより劣っている様子はないし、今回でもばっちりとほむらを拘束したわけで。

ほむらは前からあの魔女のことを知っていたのかもしれない。
だとすると魔法少女が魔女に…というのが有力な気がするのだけどなぁ。これはこれで安直すぎる気もするけどね

そもそも魔女の発生のしかたってあんな感じなのか
『グリーフシードから孵化して生まれる』ようだけど、あのグリーフシードはいったいどこから出てきたのか・・・?



■マミの願いとは?

今回は前回の記事で書いた『マミの願い』が明らかに…なったのかな。願いごとをして魔法少女にならざる得なかった、みたいだけど

願いはすぐにその場で叶えてもらって生還したということだろうか
それとも、魔法少女の力を使うことで生還して、願いはまだ申請しただけの状態ということもありえる

たぶん前者だろうけど、そうとなると、ほむらが叶えた願いはなんなのか、が重要になってきますね。



マミが退場したことで、『マミは善人だった…』
そんな風に描かれていますが、これはミスリードという可能性も否定できないのがこのアニメなのですよね。
無理やり魔法少女になってしまい、孤独と戦ってきた悲しい境遇の持ち主、だということは事実だろうけどね

まどかたちを勧誘していたのはただ単に一緒に戦う相手が欲しかったからなのだろうか。それとも他にも理由が?
とにかくいろいろと引っかかる点を残したまま死んでしまいましたね
魔法少女の『願い』でマミを生き返らせることが出来るのならまた登場するかもしれないけど、せっかくここまで巧みに絶望的な雰囲気を作り出したのに願いひとつで生き返らせてしまうとも考えられないからなぁ。



■マミとほむら

どうして2人はあんなに仲が悪いのだろうか。同じ魔法少女なのに

マミとほむらの会話を見ていると、どうもマミのほうが先に魔法少女になったのではないかなと思う
もしそうだとしたら、マミには独りで戦っていた期間があると考えられる
そこへ新たに魔法少女となったほむらが現われたらどうだろうか。今回まどかに頼んだように、ほむらにも「一緒に戦って欲しい」と言い寄ったに違いない
しかしあの性格を考えると、おそらくほむらはマミの申し出をバッサリ断るだろう。今の関係はそうやって出来たのではないかな。想像だけど

とにかく、マミがずっと孤独だった、というのは重要なところだと思う



■強い魔法少女とは

マミとほむらははまどかの『素質』を見抜いていたようです。
それはキュウベエも本人に直接伝えていることで、「まどかはマミより強い魔法少女になる」といっていた

そのときのキュウベエのセリフに見逃せない点がありました

「もちろん、どんなねがいでけいやくするのかにもよるけど」

これはどういうことなのだろう
願いを「魔力を強くしたい」という願いにすれば変わってくるということなのかな
それとも、願いの強さや内容によって得られる魔力が増減するということだろうか
『素質』という言葉が出た以上、ベースとなる魔力は個人で違うのだろうが、そこに願いという要素が入ってくるのかな。
自分のために使うか他人のために使うかで変わってくるとか。死者を蘇らせる場合にはなにかリスクが付きまとうとか。
だったら願いごとを何にするかさらに悩む必要性が出てくるかもしれませんね。なかなか魔法少女にならないというのも面白い


にしても毎回キュウべえは意味深な発言を残すよね
その上無表情だしアップのときはたいてい陰影が入っているしと、演出面でも怪しさが増されている
でもこれもミスリードの可能性があるからなぁ


■ほむらはいじめられっ子だった?

マミとほむらが対峙するシーンで、マミがほむらの考え方を「いじめられっ子のようだ」と非難しました
ほむらはそこであからさまに苛立ちの表情を見せたのですよね。ここが少し引っかかるところでもあります。

初回の放送でのほむらの自己紹介の場面。先生が彼女の名前を黒板に書く際に『ほむら』という名前の珍しさに書く手を止めてしまうシーンがあった
その際もほむらはムスっとした表情をみせ、先生からチョークを奪い去って自分で名前を書きます

他にも。初回だが、まどかとほむらが一緒に保健室に向かう場面。
まどかがほむらに話かけるのだが、


まどか「明美…さん…?」
ほむら「ほむらでいいわ」

こうした会話があったあとに、

まどか「ほむら…ちゃん?変わった名前だよね」
まどか「いや、変な意味じゃなくてかっこいいなって」

まどかがこう話しかけた際もほむらは唇をかんで苛立ったような表情を浮かべていた


根拠はこれくらいしかないのだけれど、ほむらは昔、「ほむら」という珍しい名前が原因でいじめられていたのではないかなと思う。
あの性格に加えて、魔法少女になったことで友人と触れ合う時間がなくなりいじめられるようになったか。
あるいは、いじめられていたことが魔法少女になるきっかけになったのかもしれない。願いごともそれに関連することかもね
まぁ想像だけど




今回も魅せてくれました、魔法少女まどか★マギカ略して『ままま』。
マミが退場したので、さやかが重要人物になってきそうかな。彼女もまた犠牲になるかもしれない…
もしくはOPにでてくる赤髪の少女が近々登場するかも。ラスボスはこの子か…?
そろそろ変身して欲しいところだけどこのまま最終回まで行くなんてこともあるかもしれない。魔法少女テンプレはこの作品には通用しないんだね

個人的にはさらにエグい展開を期待してしまいますw
次回に期待です
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) 魔法少女まどか☆マギカ 第3話 「もう何も恐くない」

魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]クチコミを見る ●意見交流の場として掲示板を設置しました。記事の感想や意見、原作ファンからの補足、もちろんアニメの感想 ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。