• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。


旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)
(2008/03/10)
萬屋 直人

商品詳細を見る



内容(「BOOK」データベースより)
世界は穏やかに滅びつつあった。「喪失症」が蔓延し、次々と人間がいなくなっていったのだ。人々は名前を失い、色彩を失い、やがて存在自体を喪失していく…。そんな世界を一台のスーパーカブが走っていた。乗っているのは少年と少女。他の人たちと同様に「喪失症」に罹った彼らは、学校も家も捨てて旅に出た。目指すのは、世界の果て。辿り着くのかわからない。でも旅をやめようとは思わない。いつか互いが消えてしまう日が来たとしても、後悔したくないから。記録と記憶を失った世界で、一冊の日記帳とともに旅する少年と少女の物語。




だいぶ前に感想を書いたのですが、もう一度書き直しというか。改めてご紹介を。

追記よりどうぞ

まず、この作品の特徴としてあげられるのが、
『登場人物の名前が出てこない』
ということだ

世界に蔓延する『喪失症』によって、人々は徐々に名前をを喪われていく。
それが進行すると次は身体の色が喪われていき、最終的には存在さえ喪われてしまうのだ


そんな世界で、『少年』と『少女』はあてもない旅に出る
1台のスーパーカブに2人跨り、食料と着替えと想いを乗せて。


目指す先は、世界の果て― そう、終わりのない旅




2人は旅をするその過程で何人かの人物たちと出会う
そこで別れや大事なものを学んで成長していくのだ




『少年』と『少女』のコンビがとてもいい。いい。いい
『少女』はいわゆる『ツンデレ』な部分も持ち合わせていて、とてもかわいい

『少女』の挿絵もとてもかわいい。『少女』はとてもかわいい。何度でも言おう、少女はとてm




この作品のもう一つの特徴というか個性と言えるのが、
些細な仕草や日常的な行動がこと細かに描かれる、つまり情景描写が濃いということだろう
だからこそ読んでいるうちに自然に景色が浮かんでくるし、一緒に旅をしているような気分にもなれるのかな。
読んだ後の爽快感はなかなかのものでしたよ


タイトルは壮大ですが、内容というかテーマはそこまでだったりします
読者に訴えかけたりというのはあまりなかったですね。


本当にただ旅をするだけの作品。だからこれは純粋な『物語』だ。『伝記物』とも言えるかもしれない


挿絵もかわいいのでオススメします

旅に出たくなること請け合い。僕も二次元美少女と駆け落ちの旅に出たいなぁ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

僕もずっと前に読んだことがあります。というか、お気に入りの本。
一応、「続刊」ということになっているので、続きが出てほしいです。

僕も、自転車で幼馴染二次元美少女とどこまでも走っていきたいなぁ。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。