• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秒速5センチメートル


秒速5センチメートル 通常版 [DVD]秒速5センチメートル 通常版 [DVD]
(2007/07/19)
水橋研二、近藤好美 他

商品詳細を見る



内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『雲のむこう、約束の場所』の新海誠が手掛けた連作アニメ。小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。大雪の降るある日、ついに貴樹は明里に会いに行く決心をする。「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」を収録。






『ほしのこえ』に引き続き、新海誠さんの作品を重点的に見ています

『雲の向こう、約束の場所』も今日視聴しました。それの感想は後日にでも書きましょうかね


では、追記にて秒速の感想を 作中で序盤に語られますが、タイトルの『秒速5センチメートル』とは、桜の花びらが落ちる『速度』のことです。

『ほしのこえ』でも触れたが
新海誠監督の作品は『速度』を題材にしている

これはDVD映像特典のインタビューで本人がそう語っています






さて、この作品は

「桜花抄」
「コスモナウト」
「秒速5センチメートル」

と、大きく分けると3つの章で構成されています



全体で一つなのでどれがよかったとか言うのもあれなのだろうけど、私は「桜花抄」が気に入りました


『待つ側』と『待たせる側』の苦悩、時間の進む『速度』の違いが巧みに描かれている
主人公の淡々とした語り口調によって、不安と焦燥が視聴者にまで憑依してくるといえば言いのだろうか

完璧に練っていた計画が崩れてしまったときの、どうしようもなくなってしまう感じ。
似たような経験があったので思わず感情移入してしまいましたよ


そして脚本と演出も素晴らしいのだけれど、相変わらず背景が美しい
背景や音楽は雰囲気作りにおいて極めて重要だと思います
むしろ『雰囲気がいい』というのは背景や音楽がいいってことなのかも



「コスモナウト」も共感できた

ここからは少し話がそれてしまうのですが、

僕には目標としている人がいます。

だがその人は僕のもっともっと遥か前を歩いていて、遥か遠くを目指している
まさにこの章の男女と同じような関係かもしれない

だからこそ共感できた。あくまで女性のほうにだけど。

目標としている人
僕はその人と同じ場所を目指そうとした
だけどそれはあまりに遠すぎた

目的地が遠ければ遠いほど、最初の誤差は致命傷になりかねない
人間は途中で軌道を微調整できるほど器用じゃない
そして気付くのが遅いと、何も見えなくなって現在地がわからなくなってしまう

そうやって届かないと気付いても、目標としていた人のことは忘れることは出来ない
一瞬だけ高みから見下ろしたように錯覚した景色と比べてしまう。「あの人ならこうする」と

最後のセリフが意味するのもそういうところだと思う

あぁ、やっぱり「コスモナウト」の方が好きなのかもなぁ

なんか長いことダラダラと書いてわかったのはそれだけかっ。



ラストシーンはGOOD ENDなのかBAD ENDなのか。
私は前者と捉えました。小説読めばわかるらしいですが。

主題歌と踏切のコンボは反則だった・・・。
私としては3章冒頭の踏切のシーンの感じがどちらかというと好きだったけど


主観的側面でいえば、とりあえず共感できる部分があれば心に残る大切な作品になるはず。
ここは本当に分かれるところらしいのでなんともいえませんがね

共感する部分がなくても、
人と人との『心の速度』の違いを、素晴らしい美術と演出で切なく細かに表現している作品であって名作であることに疑いはないはず

この時期にぜひ。出来れば雪が降ってる日がいいかなw
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。