• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほしのこえ

ほしのこえ [DVD]ほしのこえ [DVD]
(2002/04/19)
不明

商品詳細を見る



Amazon.co.jp
自主制作映画の上映会などで好評を得てDVD化された、新海誠監督の自主制作によるSFラブストーリー・アニメーション。21世紀の半ば、国連宇宙軍のロボット・パイロットに選ばれ、宇宙へ飛び立っていった中学生の少女・美加子(武藤寿美)は、地球に残る同級生の昇(鈴木千尋)と携帯メールで彼女と連絡を取り合うが、距離が離れるにつれて互いのメールが届く時間も長くなっていく…。ピュアな恋愛とSF的な要素が奇妙なバランスでミックスしながら、不思議で独特の世界観を醸し出す。個人制作アニメとしての技術レベルも相当に高いが、それ以上に作り手の熱意そのものが作品の質に大いに貢献しているともいえよう。これから映像制作に挑もうとしている若い世代にも希望を与えてくれるであろう作品である。(増當竜也)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
大阪で行われた自主制作映画の上映会、プラネット映画祭で人気投票1位を獲得した個人制作のSFラブロマンスアニメ。携帯メールをモチーフに、宇宙と地上に別れて暮らす少年と少女の遠距離恋愛を描いている。DVDでの販売にあたり、声優吹替え音声も収録。





「秒速5センチメートル」で知られる、新海誠監督の自主制作映画です
自主制作とは信じられないクオリティでした。



25分弱だが感動した

追記で感想を書きます




この作品にも言えることだが

新海誠監督の作品は『速度』をよく題材にしている



作品の舞台は2046年

人類は火星で異星人に攻撃され、それを撃退するための国連軍が結成される。

その国連軍の選抜メンバーに選ばれた中学3年生長峰ミカコと、同級生の寺尾ノボルの星を越えてのメールでのやり取りが描かれる

国連軍の惑星調査が進むにつれ、ミカコとノボルの距離は離れていき、
メールが届く『速度』も遅くなっていく


数ヶ月に1度のメールは、やがて数年に一度に


この『速度』の違いによって生まれる2人の心の『ズレ』が切ない
本当に切ない。不覚にも泣いた


その切なさを助長するのが、これでもかというくらいに美しい背景
国連軍が惑星調査をする中で、色々な惑星の姿が描かれる
それがもう恐ろしいくらいに美しい。それを新海誠監督はたった一人で作ったのだ

監督・脚本・演出・作画・美術・編集が新海誠監督一人によって手がけられた

個人制作でその上2002年公開の作品としては正直信じられないクオリティを放っている
少しキャラデザは崩れがあったが、完璧に整っていてもそれはそれで違ったかもしれない
この監督の美術センスは恐ろしいものがあると思う

ここは『秒速5センチメートル』の感想でも触れようと思います


そして音楽も素晴らしかった
音楽は天門様が担当している
efのサウンドで有名なお方です

天門様は『秒速5センチメートル』も担当しています






この恋愛を自分がしたらと想像したら気が遠くなる。きっと心が壊れる

私達が「広い」とかいう世界は、せいぜい電波の届く距離での話だろう
電波の届かない世界。そんなものきっと認識の範疇にはない

そこはもう『同じ世界』とは言えないなにか別の次元だ


そんな別世界の相手を思い続ける、これでもかという位に純粋な遠距離恋愛
いや、もはや距離という概念では言い表せないかもしれない




スケールが大きい、でも忘れてはいけなくて傍にある、そんな大切なものを教えてくれる作品


この作品は人を選ぶかもしれない
実際、レビューなどをみていたら批判も多くあった


それでも、ぜひ見て欲しい
とても濃い25分を感じられるはずだ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。