• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SENSE (NEW ALBUM/Mr.Children)感想など

20101130185054.jpg


2年間待ちました。
ミスチルの新盤です。


パワフルなアルバムです
Mr.Childrenの集大成と言われていますがそれに相違ない気がする




追記に色々と書きます
フラゲなのでネタバレにもなり得るので

興味のある方はぜひ

SENSESENSE
(2010/12/01)
Mr.Children

商品詳細を見る



【収録曲】(アマゾンより転載)

01. I [4:09]
02. 擬態 [5:49]
03. HOWL [4:18]
04. I’ m talking about Lovin’ [5:11]
05. 365日 [5:36]
06. ロックンロールは生きている [4:49]
07. ロザリータ [5:48]
08. 蒼 [3:45]
09. fanfare [6:15]
10. ハル [5:25]
11. Prelude [6:54]
12. Forever [4:50]







fanfareを挟んで大きく二部に分かれている気がします

fanfareまではヒトがぶち当たる苦悩や後悔、嫉妬などネガティブさが目立つ印象を受けました
どちらかと言えば後ろ向きな歌詞。後ろ向きということは、過去を振り返っていると捉えることも出来る



しかし歌詞カードで、fanfareの前曲、『蒼』の歌詞をめくるとそこに現われるのがCDカバーにも使われている鯨。

深海からの脱却。過去からの脱却。

私はそういう意味だと受け取りました


そしてfanfareで、一気に駆け抜ける
面倒くさい悩みなど全て振り払ってしまえと言うかの様に


悔やんだって後の祭り

もう昨日に手を振ろう

さぁ 旅立ちのときは今

風を読んでデカい帆をはれ!




正直な話、『蒼』で私は泣いてしまった

自分を飾り、背伸びしているような人間を唄った歌だ
誰しも似たような経験があると思う

私の心にも響きました


そして堕ちました。深海の奥底に沈んでしまった
なんて暗いアルバムなんだと思いましたね


しかしそこで歌詞カードをめくったときに現われた鯨。
そして希望に満ちたfanfare

救われた
未来を歌い上げてくれた



fanfareへの印象が変わりましたね。アルバムとの化学反応でより一層輝いた気がする
構成次第でこうも変わるものかと思い知らされた


『fanfare』以降は前向きな曲、つまり未来を見据えた曲となっている

次曲『ハル』も新たな旅立ちを感じさせる歌詞。

『Prelude』は過去を捨てて未来へと突き進むといった歌詞。曲調もアップテンポ
注意して見ると、この曲の歌詞にはこれまでのミスチルの楽曲の題名やらが組み込まれている

この曲こそが集大成といっていいかもしれない



とにかくfanfare以降で、鬱積していたものが全て笑い話にしてしまうかのような構成

どんでん返しだった
芸術的だ




そして最後の曲『Forever』

なんだか僕ら似通ってんだ
ちょっぴりそんな気がした
本当はお互い頑張ってた
近づきたくて真似た

きっと嘘なんてない だけど正直でもないんだろう

ともすれば ともすれば
人は自分をどうにだって変えていけんだよ
そういえば そういえば
「君の好きな僕」を演じるのは
もう演技じゃないから




自分を飾っていても、初めは演技だったとしても
それは嘘じゃない
そうやって人は変わっていく、成長していける
そんなことを唄っている気がしました。
この曲も響きましたね


2曲目の『擬態』でも似たようなことが唄われていたが、こちらでは少々批判的だった

目じゃないとこ
耳じゃないどこかを使って見聞きをしなければ
見落としてしまう
何かに擬態したものばかり






そんな感じで、『蒼』と『fanfare』を分岐点として、一枚を通して『自分』の在りかたを唄った壮大なアルバムだったと思います


こうして一枚の中ではっきりとストーリー性を持たせているところは、『深海』と似ているかもしれない
『深海』は一番好きなアルバムです。『好きだった』となるかもしれませんが


シングルを除いて特に気に入った曲は

I
擬態
Prelude
Forever

ですかね。全部好きですが絞るとしたらこの4曲


まぁまだ4周しかしていないので、これから新たな発見があるかもしれない



とまぁこんな感じでこの記事が終わりです
果たして最後まで読んでくれた人はいるのだろうか


通学中は当分SENSE全開になりそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。