• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半分の月がのぼる空


半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)
(2003/10)
橋本 紡

商品詳細を見る



内容(「BOOK」データベースより)

いきなり入院した。僕にとってはちょっと早い冬休みみたいなもんだ。病院には同い年の里香って子がいた。彼女はわがままだった。まるで王女さまのようだった。でも、そんな里香のわがままは必然だったんだ…。里香は時々、黙り込む。砲台山をじっと見つめていたりする。僕がそばにいても完全無視だ。いつの日か、僕の手は彼女に届くんだろうか?彼女を望む場所につれていってあげられるんだろうか―?第4回電撃ゲーム小説大賞金賞受賞の橋本紡が贈る期待の新シリーズ第一弾、ついに登場。








映画化もされたこの作品。

学校の図書館で借りて読んでみました

私の高校の図書館は公立高校の中でもかなり大きな図書館でして、ライトノベルも有名どころはわりと取り揃えられています
よって自習の時間は図書館でラノベを読む時間と変わり果てるわけですが。まぁ本から得られるものも大切です




文体が好みなのでスラスラ読めた。

情景描写が丁寧なので物語に入りやすいですね


まだ1巻なのでこれからさらに面白くなってくれるでしょう


病気の少女がヒロインで、舞台も病院なので暗い話になりそうですがそうはならず、
むしろ個性的な登場人物のおかげで暖かい雰囲気も感じることができる

このテーマの話を楽しく読ませられるのは文才といっていい

だがシリアスな部分になるときは少しずつ雰囲気が作られていて、とても丁寧な印象をうけました


明日は2巻を借りてこよう。図書委員さん貸出してもらうとき少し恥ずかしいけど。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。