• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神さまのいない日曜日Ⅶ

このドアはひょっとして ひょっとしたらひょっとして
何の喩えでも象徴でもメッセージでも無くて
開いたって昨日と同じ 生活が待っていたりして

「Door」/Mr.children



神さまのいない日曜日VII (富士見ファンタジア文庫)神さまのいない日曜日VII (富士見ファンタジア文庫)
(2012/04/20)
入江 君人

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
アイやディーたちの活躍により封印都市は復活を果たす。けれど、アリスの断罪に失敗した魔女旅団―マダムは暴走、鉄虫に襲われた封印都市は、戦火に包まれる。アリスは、封印都市を救う為、“我が侭”になったマダムに対抗する為に、その力を解放する。「―俺が止める」その異能で。すべてを燃やし尽くす。一方、アリスと共に戦うと決めたアイは、一度は手放した墓守のショベルを、再びその手にとる。大切なものを、誰かを。もう一度、守りたいから。「アリスさん―私と一緒に、生きてください」世界の終わりを守る少女と少年の、果てない夢の行方は!?―。




というわけで、神さまのいない日曜日Ⅶを読了しました。
このシリーズは、僕が新刊が出るたびに買っている数少ないライトノベルで(それ以外は完結済みだったりするものを良く買います)、とても大好きで応援している作品です。

さて、この巻、というより作品は『夢』というものを扱った作品だと思います。
舞台は人が死ななくなった世界。人は死んでも死者として存在し続け、墓守という存在がそれを埋めることでしか命が終わらない。
本作の主人公、墓守のアイ・アスティンには「世界を救う」という夢があります。
まず、これまでの既刊の内容では、その「世界を救う」の『世界』ってどこなのさ、ということを扱ったりしていました。『救う』とはどういうことなのか、ということも。

そして今巻では更に踏み込んで、「そもそも、それは本当に夢なのか?」ということを問い質していきます。

君には夢があるか。
その夢を叶えるために何をしているか。
その夢を叶えるためだけの自分になっていないか。
その夢が叶ったら、君はどうなるのか。

夢だったものがいつか足枷になり、それを叶えるためだけに何かを我慢し、どっちが先でどっちが後かぐちゃぐちゃになり、それでも時は過ぎていく。焦る気持ちと裏腹に怠惰な毎日が過ぎて、自己嫌悪は止まらない、気持ちを入れ替えたはずなのに、一歩も前に進まずまた昨日と同じ一日。

記事の冒頭で、Mr.Childrenの『Door』という曲の歌詞を引用しました。
自分が今追い求めているもの・夢・目標。それは本当に、今の自分が心から求めているものなのか?惰性で追い続けている夢は、呪いのようなものではないか。誰もに通じる、強烈なテーマだと思います。

アイは、そんな夢多き等身大の主人公。そんな彼女も、この巻で一つの答えを導き出します。
そしてそこから話は大きく展開し、今巻でひとまず大きな流れが終わります。

恋・夢・自我、アイは色んな問題にぶつかって、でもそれを泥臭くも乗り越えていく。
思春期のあなたに、思春期を終えたあなたに、これから思春期のあなたに。たくさんの人にオススメの作品です。

テーマもさることながら、多彩な比喩によって織り成される情景描写も見もの。これは序盤の巻から健在でした。僕がこの作品を支持するのもこの情景描写に魅入られてしまったからだったりします。
まるで自由詩。まぁ実際改行多いしね。笑
人が死なない世界、その喜劇なのか悲劇なのかわからない不思議な世界観をうまく作り上げていると思います。

挿絵もかわいいので萌え萌え出来ると思います。ディーかわいいよディー。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。