スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA


サクラダリセット7  BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA (角川スニーカー文庫)サクラダリセット7 BOY, GIRL and the STORY of SAGRADA (角川スニーカー文庫)
(2012/03/31)
河野 裕

商品詳細を見る



また更新が減っているね・・・?
新学期でバタバタしてましたが、履修登録も終わって時間割が決まったので徐々にリズムを掴んでいけると思います。やっぱり環境の変化に慣れるには時間がかかりますね。

ということで、サクラダリセット7巻。最終巻です。堂々の完結でした。読み終えたのは数日前ですが、強く心に残っています。
ちなみに6巻の記事は作りませんでした。7巻とセット、みたいなところがあるので。

とにかく6,7巻の展開にはびっくりでした。伏線回収という意味で、それまでのエピソードを全て生かしている。この巻のための物語だったのだなぁと思います。構成力が恐ろしい。

自分の想いに素直になること。傲慢だと知りつつも願うこと。生きていく中できっと誰もが直面するようなことを書いているのだと思います。透明感のある美しい作品でした。とにかく、最後まで優しい話でした。
正直、最終巻が出た旬な時期にこの作品を読めてとても幸運だったと思います。読書歴が浅い僕ですが、この作品は自分の中で歴代No.1です、おそらく。
一番好きだったのは3巻かな。終盤(6巻、7巻)の謎が明らかになっていく感じも好きだけどね。

もう終わってしまったのだと思うと寂しいです。良い作品に出会えました。河野先生の次回作に期待!


ということで、次は何を読もうか迷い中。
河野先生の短編集である『ベイビー・グッドモーニング』は今読んでるけど、その次がね。
積んである中で特に読みたいのは『さよならピアノソナタ』か『イリヤの空、UFOの夏』のどちらか。贅沢な悩みである・・・w
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。