スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免許取れました。/サクラダリセットが熱い!

おとといの話になってしまいますが、念願の普通自動車免許を遂に取得することが出来ました。
なかなか免許センターに行く気にならず、免許合宿から帰ってからというものダラダラと毎日を過ごしていたのですが、「一発で受かったらしゃぶしゃぶを奢ってやる」というバイトの先輩の甘い言葉によって私は生まれ変わったのです。

試験前日は緊張しすぎで7時間しか眠れなかったし、合格発表の直前なんかはドキドキしまくりだったので思わず緊張をほぐすために手の平に『人』と書いて『私利私欲に溺れる醜い獣』と読ませたりしてしまいました。
とりあえず受かってよかった。ゴールド免許目指してこの先数年は運転しないようにします。
というかむしろ死ぬまで運転しないほうがいいかもしれない。そうすれば事故を起こす心配もないし!あれっもしかして天才!







サクラダリセット2  WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL (角川スニーカー文庫)サクラダリセット2 WITCH, PICTURE and RED EYE GIRL (角川スニーカー文庫)
(2010/02/27)
河野 裕

商品詳細を見る



話は変わってライトノベルの話。
『サクラダリセット』が素晴らしい。既刊6巻で今月末に7巻が出るようです。
僕は現在2巻を読んでるのですが、いいです。すごく。もっと早く買うべきだった。

『リセット』という世界を巻き戻す能力を軸に物語は展開されていきます。世界を巻き戻すということは、巻き戻さなかった場合の世界が消えてしまうということ。そこにある悲しみを主人公は痛いほど理解していて。

そんな、悲しみが根底にある物語なのですが、表現がなんだか凄く優しい。うまく言えませんが、読者を包み込むような、陽だまりのような優しい文章だなと感じました。じんわり暖かくて、ずっとページを捲っていたいような感じ。久々に良い作品に出会えたな、という感じです。レビューもそのうち。(出来れば)



明日は劇場版ストライクウィッチーズの公開日。見に行けるといいな。当日券で入れるのだろうか
夜は学会の食事会的なものに参加します。集合場所まで結構電車に乗るので、その往復時間でサクラダ2巻を読み終わりたいところ。

秋葉原で買い物

前にも書いたのですが、といっても更新の少なさと相まってかなり昔のことになってしまうのですが、私は大学で、学会という学部の生徒会的なものに所属しています。
そういうわけで春休み中も大学に行く機会が結構あって、春休みにも関わらず定期券を買うといったことになりました。学会では交通費が毎回支給されますがそれはまぁがっつり貰う方向で……

で、定期圏内に愛と欲望の楽園、秋葉原駅があるのでアキバ行き放題になった私は今日秋葉原に単独で乗り込んでいったというわけです。これまでにも秋葉原は何度も行ったことあるんですがね

と言っても何の目的もなしに行ったわけではなく。
2つの明確な目的を持って愛と欲望の楽園にちゃんと向かいましたよ。

①iPhoneを治す。
昨日の話なんですけどもね、帰り道にですね、iPhoneをですね、落っことしたんですね。そしたらですね。割れちゃったんですよー。あっはっは。傑作傑作。あっはっは。笑ってるやつ死ね!ウッ!心臓が!
涙目で帰りながらで割れたiPhoneで「iPhone 修理 最安」とかなんとか検索してたら秋葉原で安く治してくれるとのことだったので「さすが愛と欲望と修理の楽園、秋葉原!」といった感じで治しに行くことにしたのです。


②ストラップをゲットする。
「リュックやカバンに何かアニメキャラのストラップを付けたい。そうして言葉を使わずして、身に着けているものでオタクである自分を演出したい。それも出来るだけ自分の好きなキャラのかわいいのがいい。でもキモいと思われないようなのがいい。」
そんな純粋な欲望、きっとみんな持ってるよね。オタクアピールしてキモいと思われたくないなんてふざけてんのか。ふざけてた、ごめん。
そんなふざけた欲望が私を突き動かし、愛とふざけた欲望の楽園、秋葉原に行くことにしたのです。







これは秋葉原駅を出てすぐのところにあったももクロの看板。
『モーレツ宇宙海賊』という今期アニメの主題歌を歌っていますよね。いい曲です。








これは歩行者天国の大通りにデカデカと出てたももクロの看板。
『モーレツ宇宙海賊』という今期アニメの主題歌を歌っていますよね。いい曲です。






これはゲーマーズでやっていた『ゆるゆり展』の等身大パネル的なものです。
『モーレツ宇宙海賊』という今期アニメの主題歌は歌っていませんね。残念。
アッカリーンが見切れているところがこの写真の最大のポイントです。







これはまんだらけで買った『AIR』のDVD。
なんとこれで5250円。「安っ!」と声にならない叫びを上げて私はレジに直行しました。
良い買い物をした!夏になったらまた観よう。








こちらはかの有名な「けいおん!」の平沢唯ちゃんのフィギュア。
これも「安っ!」と思って買っちゃいました。1200円。このサイズのものは他のだともっと高いのばかりだったので、これもしかして値段設定ミスなんじゃないかなってなるくらい「安っ!」と思いました。

あ、でもこの写真じゃサイズがよくわからないですよね。
サイズがわからないんじゃ、「安っ!」に説得力がなくなってしまい、私としても誠に遺憾です。

自分の感情をうまく伝えられないようじゃブロガー失格だ!ということで、もう一枚写真を用意しました。
「電気と仲良くね。東京電力」でおなじみの、でん子ちゃんというキャラのボールペンと、このフィギュアの大きさを比較すれば、そのサイズは一目瞭然のはずです!!


























すいません先生。まったくわかりません。



私はブロガー失格ということで、次に行きましょう。



iPhoneの修理をちゃちゃっと済ませ、お目当てのストラップ探し。色々見た結果、『ぺたん娘』というシリーズのラバーストラップ(ぐにゃぐにゃするやつ)が良いな、となりました。ぺたん娘というのはぺったんこのストラップということで、別におっぱいがぺったん娘とかそういうことではないと思います。
ちなみになぜこれが良いと思ったかというと、良い感じにデフォルメされているので、一般ウケが良さそうな気がしたからです。キモいと思われたくない心がまだ生きていました。











どれにしようか、もしくは買おうか買うまいか、ホビーショップの端と端を500往復くらいしながら考えた結果、『GOSICK』のヴィクトリカちゃんを選びました。君に決めた。そういえば彼女はぺったん娘でした。写真はリュックに着けたあとの状態です。うわぁ。オタクっぽい。
まーでも可愛いからいいよね。ゴスロリだし。キングオブカワイイだし。キモくないよね。
キモくないよね・・・?え、キモい?

















・・・ええい!こんなもの!!






・・・なんて出来ないよヴィクトリカちゃーん!ごめんよー!(キモい)

more»

免許を取ってきました。/最近読んだ本など

またも更新が途絶えてしまいました……。
更新を待っている人が果たしているのかはさておき。

3週間ほど免許合宿で山形に行ってました。2月はほとんど合宿しかしてない感じ。
戻ってきたのはもう少し前でしたがバイトがあったりで、久々に落ち着いてパソコンを触ってるという状況です

どうして山形に行ったのか今でもわからない。だって路面凍ってたし……まぁ友人に全部任せてたんですけどね。
とりあえずお米がおいしかった。お米最強。

担当の教官が鬼だったので毎日憂鬱でしたがなんとか乗り切ることが出来ましたので、あとは免許センターで筆記の試験を受ければ晴れて免許取得。
初めてのドライブの助手席に乗せるのはもちろんヴェルダースオリジナル。なぜなら彼もまた、特別な存在だからです。




なんか面白いこと言おうとしてスベった感があるしこれだけでは短いので、最近読んだ本でも書こうかな。


電波女と青春男〈6〉 (電撃文庫)電波女と青春男〈6〉 (電撃文庫)
(2010/09/10)
入間 人間

商品詳細を見る

めぐりあう鼓動―覚醒遺伝子 (電撃文庫)めぐりあう鼓動―覚醒遺伝子 (電撃文庫)
(2010/07/10)
中村 一

商品詳細を見る

ドッペルゲンガーの恋人 (星海社FICTIONS)ドッペルゲンガーの恋人 (星海社FICTIONS)
(2011/08/17)
唐辺 葉介

商品詳細を見る

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)
(2008/07/19)
田中 ロミオ

商品詳細を見る


こんな感じです。一番下のAURAは今読んでるところ。

電波女と青春男
こちらは、最新刊まで読んだら改めて記事にしようかと思っています。
青春が詰まった淡い作品。実に素晴らしい。

めぐりあう鼓動―覚醒遺伝子
こちらは三部作の第二部。第三部も読んでみて、気に入ったらこれも記事にしようかな。
有翼人種、天使……と僕を惹きつけて止まないワードがわんさかです。

ドッペルゲンガーの恋人
これは星海社文庫の作品で、ラノベではないですね。
この作者の作品は初めて読んだけど、独特の空気というか気持ち悪さがあった。悪い意味ではなくね。読後感が独特。毒がある。どくどく。どくけし。

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~
『灼熱の小早川さん』が良かったので(紹介記事はココ)田中ロミオさんの作品を買ってみた次第。学園が舞台なんだけど、この作品も結構クラスでの空気とか派閥とかそういうのを詳しく描いている感じがする。パロディ多し!



とまぁこんな感じですかねー。もう3月。去年の今日に高校を卒業したような。早いものです。
月末には誕生日が来るのでそれまでに小説を書き上げよう。今のところ順調なのか微妙な感じに順調です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。