• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

eden*


eden*eden*
(2009/09/18)
Windows

商品詳細を見る








商品紹介(Amazonより転載)

近未来、最期の時を迎えつつある地球。そこには宇宙への脱出計画により人類を救った超人類 - フェリクスたちと、彼女らを護衛する、地球統一政府の青年たちがいた。終わりを迎える星で、彼らが織り成す「地球最後のラブストーリー」を描く、minoriの最新作『eden*』。










追われ、求める。

それは地球最後のラブストーリー。

more»

スポンサーサイト

神さまのいない日曜日Ⅳ


神さまのいない日曜日IV      (富士見ファンタジア文庫)神さまのいない日曜日IV     (富士見ファンタジア文庫)
(2011/02/19)
入江 君人

商品詳細を見る




内容(「BOOK」データベースより)

神様は月曜日に世界を作り、日曜日に世界を捨てた。そして最後の奇跡と呼ばれる“墓守”が生まれた。それが、15年前。消えた傷持ちを追い、霧の街へ迷い込んだアイ。人っ子一人、死者一人いない奇妙な街で、アイは雲を突き抜けて鎮座する奇妙な塔に遭遇する。“世界塔”―人々の願いを、叶える場所。アイは、アリスやユリー、ディーらと共に、傷持ちの手がかりを追いながら、世界塔へと足を踏み入れるのだが―?死者を埋められない墓守。妹のために石を積む兄。願いが叶うという塔で“最後の奇跡”墓守アイが願う夢は―。





君のとっての「世界」とはなんだ。
君が抱く「願い」はなんだ。

もし君の世界が満たされず、そこで願いが叶わぬのなら―

「天国」を作ろう。


世界樹。ぱんと咲く。

more»

中川かのん1stアルバム『Birth』

画像 036

というわけで本日3月7日に『神のみぞ知るセカイ』のヒロイン、中川かのんちゃんの1stが届きました!
発売日は3日なのに…佐川急便許さぬ…!

初回限定を買ったのでファンクラブ会員証も同封。やったね


アニメでも使われていた『LOVE KANON』がすごく好き。
『ダーリンベイビ』もすごく盛り上がりそうな曲ですね。ライブ向けって感じ



ライブといえば、3月27日に幕張メッセで開催される「アニメコンテンツエキスポ」(詳しくはこちら)でかのんちゃんのライブがあるので参加する予定です。
これって青少年保護法で東京都にボイコットした勢力が開催してるんですよね。東京国際アニメフェアと日にちも若干被ってるし
チケットはまだ販売しているので興味のある人は参加してはいかがでしょう?




と、なぜか宣伝みたいになったけど
とりあえず今はかのんちゃんの歌声に酔いしれています



kanon.jpg


これはここ最近で買ったCDなのだけど、ピンク比率の多さに驚いている
無意識のうちにピンク髪属性がついていたというのか…?w

という余談。






もう一つ余談ですが
最近デジタルカメラを購入したので、色々写真撮ったりしています
『sola』の影響からか空の写真を撮ったり。下手だけどね

この記事の写真もそのカメラで撮ったのです
普段よりちょっと大きいし画質もいいんじゃないかな…
普段といっても写真あんまり上げないしそもそも最近記事を書いていないんだけどね

学校が終わって本当にネタがなくなってしまったので…
頑張って更新していかないとな。ブログで頑張るというのもおかしいけど。


アニメの感想もテキトーになってきたので書いていこう
ただ先々週の放浪息子を見逃して未だに見れてないんだよね



Birth 〈初回限定版〉Birth 〈初回限定版〉
(2011/03/03)
中川かのん starring 東山奈央

商品詳細を見る


卒業

3月1日。高校3年間に終止符を打つ卒業式が行われ、僕は高校生ではなくなった。
もう今は高校生でも大学生でも社会人でもない、よくわからない状態

式自体は特に感情の起伏もなくすんありと終わったのだけれど、その後のホームルームで担任の先生が粋なことをしたせいで不覚にも感動してしまった
打ち上げなども盛り上がったので、いい日だったなと思う。雨が降っていたのが少し残念だったかな。思えば入学式の日も嵐だったんだよね



中学卒業のころは、「はやく高校生になりたい」という気持ちが強かったけど、今もやはり「はやく大学生になりたい」と感じている。環境が変わるのは不安もあるけど、それ以上に刺激的だからね。

ただ、大学で勉学に励むか、遊んで過ごすかで少し揺れている。まず遊ぶ友達を作れるかが心配だけど・・・
まあこれは入ってから考えるべきだな


通学にかなりの時間がかかるので、その過ごし方も大事になってくる
小説でも書こうかなと検討しているけど、途中で投げ出しそうな気しかしないからやっぱり勉強かな。
往路で予習、復路で復習を続ければ、それだけでもかなり学力がつくような気もする。継続させるのが苦手な自分には、強制的にネットから隔離されて電車に揺られる通学時間があるのは逆にありがたいかもしれないな


とまぁこんな記事を書いている時点で、結局卒業したからと言って何が変わったというわけでもないんですよね。
肩書きが変わっても、中身はそうそう変わらない。内面を変えるのは簡単じゃないからね

まぁとりあえず高校生じゃなくなったということで、エロゲを買えるようになるのは大きな変化かな。・・・と思ったら僕はまだ17歳だった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。