スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺の妹がこんなにかわいいわけがない 第12話(最終話)

最後は無難に落ち着いたなぁ、という印象です。

私としては桐乃とその両親の関係が良好になっていたのが嬉しい限りでした。
桐乃はもちろんですが、実は父親もツンデレ属性を持ち合わせていたようですね


さて、ラストこそ無難にまとまりましたが、この作品が描いてきたことは結構挑戦的な部分が多かったように思うのですよ。
アニメ制作の裏側を描いたり、アニメやエロゲに対する偏見を風刺するような内容もありました。
そもそもエロゲというワードが23:30から飛び交っているのもPTAへの挑戦のような気もするけど。



初回をみたときには、オタクが同類である桐乃に共感して楽しむようなアニメだと思っていました
もちろんそういう狙いもあっただろうし、エロゲプレイ中の桐乃の姿が他人とは思えなかった、といった感想もいくつか見受けられました
しかし、それ以上に、この作品はオタクでない人に見てもらうのも面白いんじゃないかな、と思うのですよね。

というのも、桐乃がエロゲを心から、純粋に愛している描写が素晴らしかったのですよ
もしかしたら世間が抱くエロゲへの偏見を吹き飛ばしてしまえるのではないか

実際、作中では桐乃の趣味をまったく理解を出来ないでいたあやせも少し寛容になりましたしね
非オタの方々が見たらちょっとだけ認識がいい方向に変わるんじゃないかな。それくらいのエネルギーをこの作品は持っている気がします。

そのエネルギーが出てくるのも、おそらく原作者やスタッフの愛が強いからでしょうね。
エロゲを1つの『作品』としてしっかり向き合っている、そんな気がしました。



まぁ私が愛しているのは黒猫なんだけどね
スポンサーサイト

球技大会/時計を買ったよ

今日は球技大会がありました。
これも実は高校最後の球技大会だったりします。

競技はバレー…の予定でしたが、雨天のためドッジボールに変更となりました。

ドッジボールに変更になりました、まではいいのだが、場所が問題だ
1000人近い全校生徒が1つの体育館に収容された
試合のないクラスは教室で待機するなどしていたので全員が詰め込まれていたわけではないけどね

それにしても狭くて窮屈な球技大会でした




結果はどうなったのかというと。


僕らのクラスにしかない素晴らしいチームワークと、個々の高い身体能力を存分に発揮し、

見事学年ワースト1位という輝かしい結果を収めました













全敗でした。


これが文化系クラスの底力です











球技大会後はゲームを売りにいきました
ポケモンホワイト。バッジ2個で進むのを辞めて以来放置状態

最終的に野口英世2人と500円玉が僕の手に渡されました



というわけでそのお金を握り締めホビーショップへ



時計を買ったよ!

20101222181806.jpg


20101222170605.jpg



わふー!箱も飾りたい!



部屋に掛け時計が2つ存在することになるという、恐ろしく無駄な買い物をしてしまいました。
しかも弟との共同部屋なので、そろそろ文句を言われるんじゃないかな
でもこれで800円ならそこそこいい買い物だったんじゃないかなと思います。相場がわかりませんが

ホビーショップは誘惑が多すぎるので当分行くのは控えよう
あそこは感覚が麻痺してしまうからね


追記にてコメ返しです




more»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。