スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日なう。

いやぁ、大晦日ですね。もうひとつ寝たらお正月ですよ

今年1年を振り返ると、特に何も成し遂げられなかった1年だったなと思います。
24×365=8760時間。この時間を僕は有効に使えたのだろうか…。…ア、アタマが痛い!

来年は時間を有効活用できる男になりたいですね。「なりたい」じゃダメですね。なりましょう


とりあえず1月15日に、センター試験というものがあります。
僕は推薦だったので受験しないのですが、新聞に載ったのを解いてみようかなと思います。リアルでこういうこと言うと反感食らうのでここに書きますけどね。この文章を見ている友人は、こんなブログを見ていないで勉強したほうがいい!

目標は英語180点

模試で8割弱ならいけるでしょうか。模試は本番より難しく作られていると聞きますし
センターの過去問を解いたことがないからよくわからないけど

とりあえず新年の目標は立てられたので努力できるかな。目標や期限がないと何も出来ないタイプの人間なので


というわけで今年の更新はこれが最後です。

こたつでテレビを見ながら年越しすると思います
よいお年を~

追記にてコメ返しです

more»

スポンサーサイト

屍鬼 第22話「蔡蒐話」


屍鬼 3(完全生産限定版) [Blu-ray]屍鬼 3(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2010/12/22)
内山昂輝、大川透 他

商品詳細を見る




屍鬼〈1〉 (新潮文庫)屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
(2002/01)
小野 不由美

商品詳細を見る






大晦日更新!屍鬼の感想。これも全話通しての感想になるかな
2クールと半年に渡って見てきたわけですが、個人的に12月終了アニメの中ではいちばん楽しめた作品でした。
追記にて。ちょっと書くことが多すぎて疲れた





more»

ヨスガノソラ 第12話/アマガミSS 第25話/FA 第12話

PCが治りました
よかったー。

やっぱりネットがないと死んでしまうよね




今期アニメも続々と終わっていきますね。
感想記事がテキトーになってしまっていたので少し反省

来期アニメは数作品選んでちゃんと毎回感想をあげられるように頑張ろうと思います。


とりあえず。
ヨスガ、アマガミ、FAの最終回感想を書きました。
どちらかというと全話を通しての感想かな


追記よりどうぞ

more»

めりくり!

皆さんメリークリスマス!


キリシタンではないですが、クリスマスはクリスマスです
純粋に楽しむのが良しなのではないでしょうか

あの頃の気持ちを忘れてはなりません


純粋な僕にはサンタさんからの素敵なプレゼントが届きましたよ。






・ネットへの接続不良
・バイト不採用通知







だぁぁぁぁぁぁっーーー!
クリスマスのバカヤロォォォォォっーーーー!!!



ちなみにこの記事は携帯から書いています
もう最悪です


その上先週からTOKYO MXが映らなくなっているので、ヨスガ最終回が見れません
動画サイトという奥の手も封じられました。


クリスマスなんて…クリスマスなんて…



呪っていても仕方ないので、残務処理に精を出すとしますかね
ちょっとこちらに顔を出す機会が減るかも。


では、追記にてコメ返しさせていただきます


more»

俺の妹がこんなにかわいいわけがない 第12話(最終話)

最後は無難に落ち着いたなぁ、という印象です。

私としては桐乃とその両親の関係が良好になっていたのが嬉しい限りでした。
桐乃はもちろんですが、実は父親もツンデレ属性を持ち合わせていたようですね


さて、ラストこそ無難にまとまりましたが、この作品が描いてきたことは結構挑戦的な部分が多かったように思うのですよ。
アニメ制作の裏側を描いたり、アニメやエロゲに対する偏見を風刺するような内容もありました。
そもそもエロゲというワードが23:30から飛び交っているのもPTAへの挑戦のような気もするけど。



初回をみたときには、オタクが同類である桐乃に共感して楽しむようなアニメだと思っていました
もちろんそういう狙いもあっただろうし、エロゲプレイ中の桐乃の姿が他人とは思えなかった、といった感想もいくつか見受けられました
しかし、それ以上に、この作品はオタクでない人に見てもらうのも面白いんじゃないかな、と思うのですよね。

というのも、桐乃がエロゲを心から、純粋に愛している描写が素晴らしかったのですよ
もしかしたら世間が抱くエロゲへの偏見を吹き飛ばしてしまえるのではないか

実際、作中では桐乃の趣味をまったく理解を出来ないでいたあやせも少し寛容になりましたしね
非オタの方々が見たらちょっとだけ認識がいい方向に変わるんじゃないかな。それくらいのエネルギーをこの作品は持っている気がします。

そのエネルギーが出てくるのも、おそらく原作者やスタッフの愛が強いからでしょうね。
エロゲを1つの『作品』としてしっかり向き合っている、そんな気がしました。



まぁ私が愛しているのは黒猫なんだけどね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。