スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝から

朝から日常の記事を書きます



今日は陸上部の後輩たちの駅伝の大会があるということで、朝、見送りに行ってきました
朝5時50分に高校に集合。4時半起きというハードな土曜日に



本来は応援にも行ってあげるべきなのですが、まぁ現地は寒いし遠いので…。


家でアニメやラノベを消化する土曜日を選択しました
我ながらなかなか非道な先輩だと思いますよ
まぁお家大好きホームシックな17歳ですのでね。


陸上部3年生男子(つまるところ同級生)は、6人が見送りにいく予定になっていたのですが
実際来たのは3人だけでした まぁ朝早かったし仕方ないでしょう

来なかったそこの君、このブログ読んでますか?w


あと、某有名大学に進学した先輩(あだ名は『神』)も見送りに来ていました
神は応援にも参加されるご様子です。ごくろうさまです




にしても駅伝には思い入れがありますね…。


私が陸上部で現役だったときの話をしますと


私は中学時代は野球部だったので、高校で陸上を始めました

野球部では足が速い方だったので
「高校でも短距離でいけるだろ」
と思っていましたが、やはりそう甘くはなく、井の中の蛙だったことを思い知らされまして

そこで私が取った選択肢は中長距離転向でした
今思えば、周りからは単に逃げてるだけにしか見えなかったかもしれませんし実際逃げた感はありました

でも転向してからは地道にタイムも伸びて、そこそこ期待もしてもらえるくらいになりました


ということで駅伝も走れるかと思いきや、直前に骨折しまして。
しかもその骨折の原因というのが、大会でゴールした後に転んで骨折するというアホらしいものだったのですが


てことで1度目の駅伝は出場できず。「来年は走れるように頑張ろう」ということになりました


が、


その次の年、私はまた短距離に転向しまして
あーもうお前あっちいったりこっちいったり何なのって感じだったかもしれません

この時は逃げではなく純粋に短距離で頑張りたいという気持ちだったんですがね






というわけで私駅伝出たことないんですよね。思い入れもクソもねーよバーカ!
あ、でもずっと長距離を続けていたら出れたのに…と思うことはあります


駅伝って本当にチームの繋がりが凄いんですよね
陸上は個人競技ですが、リレーと駅伝には感動的なドラマもあったりします

バトンを繋いだり、タスキを繋いだり…
結束力がものを言う競技なんですよ、意外と


というわけでそれに参加できなかったのはちょっと残念かもしれない

3年生も駅伝に出れるので、練習をしていれば今日私も選手として参加できたかもしれないのですが、
というか受験勉強ないんだから参加するべきなのでしょうがね

まぁ運動とか知りませんし。飽きましたし。
アニメやマンガ楽しんだり、パソコンの前にいたほうが有意義ですし。


はぁ、現役の頃はわりとちゃんとした人間だったのかもしれないなぁ


ダメ人間な先輩は、あったかいお家の中から後輩を応援しています。

この想いよ丹沢湖に届け
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。