• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版ストライクウィッチーズ

昨日のことになりますが、劇場版ストライクウィッチーズを観てきました。

この頃、映画といったらアニメ系しか見てないような気がする……。
『星を追う子ども』とか『けいおん!』とか。アニメは製作費が恐ろしいくらいにかかってそうなのでアクションシーンの少ない実写映画よりはこっちの方が得した気はしますけど。
『BLOOD-C』や『魔法少女リリカルなのは』の劇場版も夏に公開するようですね。アニメ映画がたくさんでおじさん嬉しいゾ。

劇場版ストライクウィッチーズに関しては、本当にアクションが素晴らしかった。
ストパンは2期のテレビシリーズが放送してるときに2期から見始めたのですが、その戦闘シーンの迫力に圧倒された記憶があります。女の子が魔法を使って空を飛びながら機関銃をぶっ放す。旋回、方向転換、滑空……といったアクションも妥協なく描写されていて、ハマらない理由がありませんでした。

家の小さなテレビで見ていても大迫力だったのですから、映画のスクリーンで見たらもう大大大大大迫力でした。スクリーンを縦横無尽に飛び回るウィッチたちの迫力に、劇場で一人興奮してしまいました。いや、一人というのは間違いでしょう。きっと周りの観客の皆さんも興奮していたはずです。

迫力が凄いだけでなく、キャラが物凄く魅力的なので劇場でニヤニヤを抑えるのが大変でした。まぁそれも僕だけじゃなくて周りの皆さんがそうだったはずです。一人じゃないから恥ずかしくないもん!

にしても、主人公である宮藤芳佳ちゃんの魅力が詰まった劇場版だったなと思います。
いやぁ、彼女は本当にブレないのですよね。本当に強くて、優しい。主人公の鑑だと思います。
ネタバレになってしまうのであまり詳しくは書けませんが、彼女の強さはその決断力にあると思います。そして、その決断力というのは、自分の中に確固たる正義がないと手に入らないものだと思うのです。複数の選択肢を前にしても、迷わない。自分が正しいと信じる道を突き進む。既存のルールや決まりに縛られない、正しすぎる主人公。それは時に間違いに繋がってしまうこともあるけれど。でもそれが彼女の魅力だと思います。

こういうタイプのキャラの言葉は薄っぺらいなーとか自分もよく思ったりしちゃうんですけど、芳佳ちゃんは違いましたね。劇場版で再確認しました。今後の彼女にも注目ですね。……今後!?
スポンサーサイト

ぼくらの


テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1テレビアニメ『ぼくらの』DVD Vol.1
(2007/07/25)
石田彰、東地宏樹 他

商品詳細を見る



たとえば誰か一人の命と引き換えに世界を救えるとして

僕は誰かが名乗り出るのを待っているだけの男だ

HERO/Mr.Children





君のその命を賭けて地球を守ってくれ―。

ある日突然そう頼まれたところで、「どうして私がそんなこと」と言ってほとんどの人が耳を背けるだろう。

では、

君はその命を賭けて地球を守らなければならない―。

そう告げられたとき、その宿命からはどう足掻いても逃れられないとき、人々はどうするのだろう。

more»

秒速5センチメートル


秒速5センチメートル 通常版 [DVD]秒速5センチメートル 通常版 [DVD]
(2007/07/19)
水橋研二、近藤好美 他

商品詳細を見る



内容(「キネマ旬報社」データベースより)
『雲のむこう、約束の場所』の新海誠が手掛けた連作アニメ。小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。大雪の降るある日、ついに貴樹は明里に会いに行く決心をする。「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」を収録。






『ほしのこえ』に引き続き、新海誠さんの作品を重点的に見ています

『雲の向こう、約束の場所』も今日視聴しました。それの感想は後日にでも書きましょうかね


では、追記にて秒速の感想を

more»

ほしのこえ

ほしのこえ [DVD]ほしのこえ [DVD]
(2002/04/19)
不明

商品詳細を見る



Amazon.co.jp
自主制作映画の上映会などで好評を得てDVD化された、新海誠監督の自主制作によるSFラブストーリー・アニメーション。21世紀の半ば、国連宇宙軍のロボット・パイロットに選ばれ、宇宙へ飛び立っていった中学生の少女・美加子(武藤寿美)は、地球に残る同級生の昇(鈴木千尋)と携帯メールで彼女と連絡を取り合うが、距離が離れるにつれて互いのメールが届く時間も長くなっていく…。ピュアな恋愛とSF的な要素が奇妙なバランスでミックスしながら、不思議で独特の世界観を醸し出す。個人制作アニメとしての技術レベルも相当に高いが、それ以上に作り手の熱意そのものが作品の質に大いに貢献しているともいえよう。これから映像制作に挑もうとしている若い世代にも希望を与えてくれるであろう作品である。(増當竜也)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
大阪で行われた自主制作映画の上映会、プラネット映画祭で人気投票1位を獲得した個人制作のSFラブロマンスアニメ。携帯メールをモチーフに、宇宙と地上に別れて暮らす少年と少女の遠距離恋愛を描いている。DVDでの販売にあたり、声優吹替え音声も収録。





「秒速5センチメートル」で知られる、新海誠監督の自主制作映画です
自主制作とは信じられないクオリティでした。



25分弱だが感動した

追記で感想を書きます



more»

serial experiments lain


serial experiments lain Blu-ray BOX|RESTORE (初回限定生産)serial experiments lain Blu-ray BOX|RESTORE (初回限定生産)
(2010/10/27)
清水香里大林隆之介

商品詳細を見る


〈ストーリー〉
岩倉玲音、14才。内向な少女の前に現れた死んだはずの友人。彼女の周りで起こる不可思議な事件は切り離されていたはずのネットワークの世界と現実世界の境が崩れ始める予兆。引き込まれて戻れなくなる、カルティック・サイコホラー。




















なかなか高評価の作品だったので視聴してみました。
率直に言うと圧倒されっぱなしの13話でした


ネットワークの是非、リアルワールドとインターネットワールドの境界―
そういったテーマが描かれた作品です
そこから発展して、「自分とは何か?」といった大きなテーマに近づいていきます


10年以上前の作品ですが、このテーマはむしろネットが発達した現代にこそ突き刺さるものでしょう。


ストーリーも現代で匹敵する内容だが、演出やアニメーションの技術も素晴らしい
確かに10年前ということもあって映像は少し古い部分も目立つが、狙っていることは何も劣っていない。
色の使い方、音楽も独特で、こういった作品は当分現われないでしょう


この作品の中で、

「人は認識されなければ存在しないのと同じ。記憶はしょせん記録に過ぎない」

といった旨の言葉があります。

裏を返せば「認識されていれば人は存在し得る」ということで、「身体性」を問うシーンも出てきます
「肉体を持たないネットだけに生きる存在」が描かれ、「肉体など必要ないのではないか」といった問いに繋がっていきます

何年後の未来になるかはわかりませんが、急速な科学の発達を経ておそらく『身体を動かさずとも生活できる時代』が来るでしょう
そこで『身体の必要性』を迫られることになるはずです
この作品はそういった未来を予言し提唱を鳴らしてもいるのだと感じます

その点からもこの作品は奥が深い、強烈なメッセージ性を持った作品だといえるでしょう。
あくまで1つとりあげただけで他にも考えさせられる問いかけは多い

今だからこそ見る価値がある そんな作品だ
しかしあくまでもサイコホラーという分類なので、気分が悪くなる方もいるかもしれません
人を選ぶ作品だと言われているので。


他にも色々と感じたことはあるのですが長くなるので次の機会に『雑記』のテーマで書こうかなと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。