• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

屍鬼 第22話「蔡蒐話」


屍鬼 3(完全生産限定版) [Blu-ray]屍鬼 3(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2010/12/22)
内山昂輝、大川透 他

商品詳細を見る




屍鬼〈1〉 (新潮文庫)屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
(2002/01)
小野 不由美

商品詳細を見る






大晦日更新!屍鬼の感想。これも全話通しての感想になるかな
2クールと半年に渡って見てきたわけですが、個人的に12月終了アニメの中ではいちばん楽しめた作品でした。
追記にて。ちょっと書くことが多すぎて疲れた





more»

スポンサーサイト

ヨスガノソラ 第12話/アマガミSS 第25話/FA 第12話

PCが治りました
よかったー。

やっぱりネットがないと死んでしまうよね




今期アニメも続々と終わっていきますね。
感想記事がテキトーになってしまっていたので少し反省

来期アニメは数作品選んでちゃんと毎回感想をあげられるように頑張ろうと思います。


とりあえず。
ヨスガ、アマガミ、FAの最終回感想を書きました。
どちらかというと全話を通しての感想かな


追記よりどうぞ

more»

俺の妹がこんなにかわいいわけがない 第12話(最終話)

最後は無難に落ち着いたなぁ、という印象です。

私としては桐乃とその両親の関係が良好になっていたのが嬉しい限りでした。
桐乃はもちろんですが、実は父親もツンデレ属性を持ち合わせていたようですね


さて、ラストこそ無難にまとまりましたが、この作品が描いてきたことは結構挑戦的な部分が多かったように思うのですよ。
アニメ制作の裏側を描いたり、アニメやエロゲに対する偏見を風刺するような内容もありました。
そもそもエロゲというワードが23:30から飛び交っているのもPTAへの挑戦のような気もするけど。



初回をみたときには、オタクが同類である桐乃に共感して楽しむようなアニメだと思っていました
もちろんそういう狙いもあっただろうし、エロゲプレイ中の桐乃の姿が他人とは思えなかった、といった感想もいくつか見受けられました
しかし、それ以上に、この作品はオタクでない人に見てもらうのも面白いんじゃないかな、と思うのですよね。

というのも、桐乃がエロゲを心から、純粋に愛している描写が素晴らしかったのですよ
もしかしたら世間が抱くエロゲへの偏見を吹き飛ばしてしまえるのではないか

実際、作中では桐乃の趣味をまったく理解を出来ないでいたあやせも少し寛容になりましたしね
非オタの方々が見たらちょっとだけ認識がいい方向に変わるんじゃないかな。それくらいのエネルギーをこの作品は持っている気がします。

そのエネルギーが出てくるのも、おそらく原作者やスタッフの愛が強いからでしょうね。
エロゲを1つの『作品』としてしっかり向き合っている、そんな気がしました。



まぁ私が愛しているのは黒猫なんだけどね

ヨスガノソラ 第11話

どうしてこの作品はセックスを描くのだろう
それもどうしてあそこまで生々しく。特に今回は近親相姦というタブーです。


セックスこそが愛の形だということなのでしょうか。愛はタブーをも越え得るということなのでしょうか。
それとも、欲望に溺れるキャラクターのありのままを描くことがこの作品の真髄なのかもしれません


良くも悪くもこれはこの作品の武器であり、個性であって特長です
この武器によって作品の雰囲気は断然変わるし、キャラクターの裏の面をも見ることができますからね。欲望に溺れる姿は少々生々しいものがあります。

キャラクターの内心の、恐ろしく生々しくて汚い思考を言葉で聞くよりも、
セックスという行為を描くほうがより生々しく、汚れて見えるということもあります
だからあれは有効な表現の手段といえるでしょう

ではその生々しさを表現・演出したあとでどうするのか。結局そこが重要になってくると思うのですよね。

「ハルとソラは生々しくてリアルなキャラクターだった」というだけでは意味がない
そのハルとソラが起こす行動に、特殊な解釈と根拠を与えてくれるのがセックスの描写であるべきです

もうハルとソラの生々しさはわかった。人間臭さはわかった。2人は他のアニメのキャラとはどこか違う
そしてセックスを見られるという引きも終わった
あとはハルとソラがどうするかだ

次回の2人の行動に注目したいですね

伝説の勇者の伝説 第24話(終)


伝説の勇者の伝説 第1巻 [Blu-ray]伝説の勇者の伝説 第1巻 [Blu-ray]
(2010/10/22)
福山潤、高垣彩陽 他

商品詳細を見る





伝説の勇者の伝説〈1〉昼寝王国の野望 (富士見ファンタジア文庫)伝説の勇者の伝説〈1〉昼寝王国の野望 (富士見ファンタジア文庫)
(2002/02)
鏡 貴也

商品詳細を見る




2クールでしたがついに終わりました
終盤のドライブ感は凄まじいものがありましたね。
あの終わり方は2期があると考えていいのでしょうか。


ガスターク帝国が絡みだしてからが面白かった
シオンの苦悩、抱えているものの重さなど、心理描写も丁寧でよかったと思います。

原作のラノベがかなり進んでるみたいなので、たぶん2期でもっと突っ込んだ話をしてくれるでしょう
そうでないと、伏線未回収の後味の悪い作品になってしまいますからねぇ。
勇者の遺物とかガスタークとキファのあれこれとか悪魔と勇者とか気になります。
気になって眠れません。眠れないので背が伸びません。助けてください。誰か身長ください



序盤にギャグを交えながらも伏線を散りばめ、そして終盤でのこの加速だ
この勢いをもう1クールくらい維持出来ればスゴイ作品になると思う

ともかく2期に期待のかかる作品。気長に待つとしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。